Skip to main content

Home  ES  JHS  HS  Articles  Blogs  Forum  Links  NonTextbook  Volunteers  Warmups  Shoutbox  SUBMISSIONS   

Go: ES Topics

 

Doctor Dodgeball

SUBMITTED BY: Elem ALT Team

SUGGESTED TOPIC: Polite Language

E-GO EDITED BY: Mooloo

BORROWED FROM / INSPIRED BY: HERE

DATE ADDED: Jul 19, 2007 

TRANSLATED BYJoyce P. Le

 

 

J-GO EDITED BY: Masami Kobayashi

 

 Grade 3ąGrade 4ćGrade 5ĉGrade 6ċ

  Large Classes (16-39 Students)ÓHuge Classes (40+ Students)Ô

  SpeakingèListeningé

15-30 min.


If you're going to give this activity

a low-rating, please post a useful

comment to help make it better.

SearchJHSActivity

BRIEF OUTLINE: Students play Japanese dodgeball in a civil manner by destroying each other with polite words.

  

DETAILED EXPLANATION:

  1. Japanese dodgeball is a little different from the usual line-up-on-the-wall-and-wait-to-be-slammed-in-the-face-by-a-ball-thrown-at-death-speeds style of dodgeball you might know from back home. This game can really only be played in a gym. Divide the students into two teams. They already know the boundary lines because it is a standard children's game in Japan.
  2. Each team designates a doctor and the doctor's identity must be shared with the opposing team. An easy way to distinguish the doctor is to have the doctor turn their hat inside-out.
  3. This game uses 1-3 balls. The students must stay within their team's boundary lines.
  4. To start the game, players of each team line up on their respective baselines. Place the balls on the dividing line between the teams. When ALT yells, "GO!" the students run for the balls and the game begins.
  5. The goal is to try and hit the other team's members with the balls. If a student gets hit with the ball, he/she is out. If they are hit on the head, the hit doesn't count. The students' heads are safe areas. If the other team catches a thrown ball they are okay, but if they catch it and drop it immediately, they are out.
  6. This is where the game changes from the Japanese dodgeball rules. The Japanese rules stipulate when the student is hit, they must go to the area surrounding their opponent's boundaries. However, in Doctor Dodgeball, when a student is hit by a ball, they must fall down and call out, "Please help me," The doctor rushes to pull the hurt student back to a preselected safe area. The felled student makes an instant recovery and must say, "Thank you," to the doctor before rejoining play. The doctor responds with "You're welcome!" If the doctor is hit, nothing happens because the doctor is invincible!
  7. This game can go for the entire period or until too many students end up in the doctor's area with injuries.

 

VARIATIONS:

  • If the doctor is hit three times, they're dead.
  • If the doctor is hit once, they are immediately dead! The doctor cannot be brought back to life. This makes the doctor a very strategic role in the game, which means they will be the primary focus of the other team. Make sure the student can handle this role.
  • Instead of using polite language for this game, use body parts. When the student is hit, they will go to the teacher and say which body part hurts. For example, if they get hit on the arm, they will say, "My arm hurts."

 

 

 

 

概要: 生徒は丁寧な言葉を使い、礼儀正しい方法で、日本的なドッジボールをします。

 

必要な教材

  • 上の「Materials Needed」に見てください。

手順

  1. 外国と日本のドッジボールのしかたとはちょっと違います。これは日本のドッチボールに近いでしょう。このゲームは体育館でしなければなりません。生徒を2つのチームに分けます。(赤と白チーム)。日本の標準的な子供のゲームであるので、ドッチボールに境界線があるのはすでに知っているでしょう。
  2. 各チームはドクターを指定します。ドクターが誰であるかということは、相手のチームにも教えます。一番簡単にドクターを見分ける方法は、ドクターになった人に帽子を裏返してかぶってもらうことです。
  3. このゲームは3つボールを使います。生徒はそれぞれのチームの境界線の外側に出てはいけません。
  4. ゲームを始める時に、それぞれのチームのプレーヤーはベースラインで並びます。ボールはお互いのチームの中間の境界線に置きます。ALTが“GO”と号令をかけたら生徒は走ってボールをとりに行きゲームを始めます。
  5. 目的は相手のチームのメンバーをボールで打つことです。ボールで打たれたら、その生徒はアウトです。もしボールが頭に当ったら、それはカウントに入れません。頭はセーフの圏内とします。また、もし他のチームが投げられたボールを受けた時はセーフですが、もし受け取ったボールをその瞬間に落としてしまったときはアウトです。
  6. 日本のドッジボールのルールと違うところはここです。日本のドッジボールのルールは生徒が打たれたら相手の陣地を囲む境界線の周りに行かなければならなりません。しかし、「ドクタードッチボール」では、生徒が打たれたら地面に倒れて、"Please help me!" (助けてー)と大声で叫びます。チームのドクターは怪我をした生徒をあらかじめ用意した安全地帯に急いで引っ張って連れて行きます。怪我をした生徒は直ちに治ってゲームに戻る前に、ドクターに“Thank you”と言わなければなりません。ドクターは“You’re welcome!” と返事します。もし、ドクター自身がボールに当っても何も起こりません。ドクターは最強で誰にも倒されることはありません。
  7. このゲームは一時限全部使っても出来ますし、ドクターの安全地帯にいるけが人の生徒が一杯になるまで続けることも出来ます。

バリエーション

  • ドクターが3回に打たれたら死にます。
  • ドクターが1回でも打たれたら直ちに死にます。ドクターは生き返ることができません。この場合、ドクターはゲームの中で非常に戦略的な役割を果たします。ということは、相手チームの重要な焦点になります。ですから、ドクターになる生徒はその任務ができるかどうかを充分見極めた方がいいでしょう。
  • このゲームでは、丁寧な言語を使用する代わりに、体を使います。生徒が打たれた時は先生のところへ行き、体のどの部分が痛いか言います。例えば、腕を打たれたら"My arm hurts" 
    と言います。自分のチームに戻るためには、相手のチームの境界線の外に留まり、チームのメンバーが相手チームを打つボールを受ける為に待たなければなりません。

  

 


If you have an updated attachment, email it to the site: admin (at) epedia (dot) onmicrosoft (dot) com

 

Template Version: 2.0

 

This page was last modified on Tuesday, January 27, 2015 03:51:30 PM