Skip to main content

Home  ES  JHS  HS  Articles  Blogs  Forum  Links  NonTextbook  Volunteers  Warmups  Shoutbox  SUBMISSIONS   

Go: ES Topics

 

Dr. Doctor

SUBMITTED BY: Matt Baumgartner

SUGGESTED TOPIC: Body Parts

E-GO EDITED BY: Mooloo

BORROWED FROM / INSPIRED BY: My predecessor

DATE ADDED: Sep 7, 2010 

TRANSLATED BYSatoru Miyakoshi

 

 

J-GO EDITED BY: HERE

 

 Grade 1āGrade 2ăGrade 3ąGrade 4ćGrade 5ĉGrade 6ċ

  Small Classes (1-15 Students)ÒLarge Classes (16-39 Students)Ó

  SpeakingèListeningé

15-30 min.

2 votes: 5 stars

If you're going to give this activity

a low-rating, please post a useful

comment to help make it better.

SearchJHSActivity

BRIEF OUTLINE: Students play a doctor/patient game, naming the body part where they are hurt, and bandaging it with toilet paper. Works well with teaching about body parts and feelings.

  

DETAILED EXPLANATION:

  1. Bring a roll of toilet paper to class, along with some phrase cards, or write the phrases on the blackboard.
  2. Teach various body parts then teach them how to say: “Dr., my ______ hurts,” and “Thank you very much! I feel better!”
  3. Have the students lineup in several lines, depending on the class size, and the first student in each line is the doctor. The patients are the next students in line. After the patient has finished being bandaged, they become a doctor and turn around to the student behind them, and the new student becomes the patient.
  4. Once the patient says which part of their body hurts, the doctor wraps that part up in toilet paper. Hands and faces might need to be unwrapped for the game to continue.

 

VARIATIONS:

  • If you have enough toilet paper and it’s okay to waste some, tell the students to keep the bandages on for the whole game, then at the end, pose for a group picture with the ALT. Alternatively, if you want to conserve on toilet paper, have the students reuse their bandages.
  • Additional phrases about where they hurt, why they hurt, and how they feel can be added/deleted/simplified according to the level of the students.
  • For a more complicated system of phrases, several “doctors” can form an HMO and gang-up on a ‘patient’ and ‘team-fix’ them. For example, one doctor asks another doctor for a bandage (the long, roll-type), and assistance with applying it to the patient: Several teams of doctors can simultaneously operate on several patients for different body parts. Then, the patients go to different doctor-team for a different phase and bandage. This way, students can pretend they are stars of their favorite medical drama or cartoon animation.

 

TEACHING SUGGESTIONS:

  • If there are time constraints, pair the students up instead of forming lines and take turns bandaging each other up.

 

TIPS/CAUTIONS:

  • The toilet paper gets everywhere, even if you are sparing in its usage. Tell the students they are responsible for cleaning up their own bandages at the end of the game. Show the students a limit of x-amount of toilet paper to use, and reuse it in class.
  • Don’t let the students get away with playing with the toilet paper too much – it should be part of the lesson and not the lesson.

 

概要: 生徒は医者/患者のゲームをします。生徒が怪我をして、トイレットペーパーで包帯をしている部位の名称を言います。体の部位の名称と感情表現について教えるのに効果的です。

 

必要な教材

  • 上の「Materials Needed」に見てください。

手順

  1. クラスに1本のトイレットペーパーを持ってきます。そして、何枚かのフレーズカードを用意するか、黒板にフレーズを書く。
  2. いろいろな体の部位と、次の言い方を生徒に教える。
  3. “Dr., my ______ hurts,” and “Thank you very much! I feel better!”「先生、私は______が痛いんです。」と、「どうもありがとう!よくなりました!」
  4. 生徒を学級の人数に応じていくつかの列に分けて並ばせる。それぞれの列の先頭の生徒が医者。患者は、列に並んでいる次の生徒。
  5. 患者が包帯をされ終わったら、今度はその生徒が医者になって、後の学生の方へ振り向く。そして、次の新しい生徒が患者になる。
  6. 患者が体のどの部分が痛むか言ったら、医者はその部分をトイレットペーパーで包む。手と顔は、ゲームを続けるためにトイレットペーパーをとる必要があるかも知れない。

バリエーション

  • 十分なトイレットペーパーがあって、いくつかを浪費することがOKなら、全部のゲームが終わるまで包帯をしているように生徒に言います。そして、終わりに、ALTとグループごとにポーズをとって記念撮影します。トイレットペーパーを節約したいなら、生徒に彼らの包帯を再利用させます。
  • どこが痛いのか、どうして痛いのか、どのように痛いのかなど、生徒のレベルに応じてフレーズを加えたり、削除したり、単純化したりして教えます。
  • より複雑なフレーズを使えるようにするために、「医者」は数人でHMOをつくることができます。そして、『患者』や『チーム-フィックス』のために集団で行動させることができます。例えば、1人の医者は、もう一人の医者に包帯(長いもの、ロール-タイプ)とそれを患者に使うために援助を求めます。また、医者のいくつかのチームは、同時に数人の患者に異なる部位の手術をすることができます。それから、患者は異なる治療段階と包帯を求めて異なるドクターチームへ行くこともできます。このように、生徒は彼らの大好きな医療ドラマまたは漫画アニメーションのスターになりきることができます。

教える際のアドバイス

  • クラスに20名以上の生徒がいる場合や時間制限ある場合は、列を作らせる代わりに、生徒をペアにして、交替で互いに包帯を巻かせます。

注意すること

  • たとえトイレットペーパーを節約して使っても、至る所に散らばってしまいます。ゲーム終了後、自分で使った包帯をきれいに片づける責任があることを生徒に話します。使ってよいトイレットペーパーの制限量を生徒に見せます。そして、授業で使い終わったらそれを再利用します。
  • 生徒にはトイレットペーパーで遊んだまま逃げ帰るようなことをさせないでください。けじめをつけさせないといけません。

  

 


If you have an updated attachment, email it to the site: admin (at) epedia (dot) onmicrosoft (dot) com

 

Template Version: 2.0

 

This page was last modified on Wednesday, March 28, 2012 09:20:14 AM