Skip to main content

Home  ES  JHS  HS  Articles  Blogs  Forum  Links  NonTextbook  Volunteers  Warmups  Shoutbox  SUBMISSIONS   

Go: ES Topics

 

 

Five-by-Five

SUBMITTED BY: Elem. ALT Team

SUGGESTED TOPIC: General Game

E-GO EDITED BY: Mooloo

BORROWED FROM / INSPIRED BY: Original

DATE ADDED: Jul 19, 2010 

TRANSLATED BYJoyce P. Le

 

 

J-GO EDITED BY: Satoru Miyakoshi

 

 Grade 1āGrade 2ăGrade 3ąGrade 4ćGrade 5ĉGrade 6ċ

  Small Classes (1-15 Students)ÒLarge Classes (16-39 Students)Ó

  Speakingè

15-30 min.

3 votes: 5 stars

If you're going to give this activity

a low-rating, please post a useful

comment to help make it better.

SearchJHSActivity

BRIEF OUTLINE: Teams receive points based upon their ability to answer questions on a 5-by-5 grid.

 

DETAILED EXPLANATION:

  1. Break the class into teams, and make a table for keeping score on the blackboard.
  2. Make a five-by-five grid using two target word categories on the blackboard (e.g. numbers across the top of the grid and colours down the side).
  3. Place the cards in each square of the grid using magnets or tape. On the back of the card, the side facing the chalkboard, the cards have random point values, ranging from 1-10 points.
  4. A few of the cards should have stickers beside the points.
  5. Have a student from one team come to the board and choose a card. Ask everyone on the team, "What's this?" If the team can answer, (e.g. blue 1), they receive that card's point value, only after the student explains to their team how many points they are receiving. Teams change and the game continues until all cards have been chosen.

 

VARIATIONS:

  • Place stickers beside some of the point values on the back of the cards. After the team answers the question, and the card-chosen student explains how many points his/her team CAN win, then the student play Janken with the ALT or HRT. If the student wins, their team receives the points. If the team loses, nothing happens.
  • Or, you can change the rules so that losing Janken, the team only receives the card's value, but if they beat the teacher in Janken, they can receive double the card's point value.

 

 

 

概要: 各グループは、5×5の25ますの目を利用した問題に答えられたら得点をもらえます。

 

必要な教材

  • 上の「Materials Needed」に見てください。

手順

  1. クラスをいくつかのグループに分ける、そして、黒板にスコアをつけるための表を作る。
    5×5の25の格子ます目を黒板に描き、目標語彙のカテゴリーを2つ用意する。例えば、ます目表の上部の横軸を「数字」に、左端の縦軸を「色」にする。
  2. それぞれのます目に磁石やテープを使ってカードを配置する。カードの裏側(黒板に面している方)に獲得ポイントを1から10までランダムに書いておく。
  3. 何枚かのカードには、ポイントに加えてステッカーを付けておくといい。
  4. 1つのグループから1人ずつ黒板に来させて、カードを選ばせる。そしてグループのメンバーに"What's this?"と質問させる。グループが例えば「Blue 1」のように答えられ、また、代表の生徒が何ポイントをゲットしたかグループのメンバーに言えたら、そのカードの点を獲得することができる。すべてのカードが選ばれるまで、ゲームは続きる。

バリエーション

  • カードの裏の得点のそばに、ステッカーを貼ります。そのカードを選んだときは、グループが問題に答え、カードを選んだ生徒が自分のグループが何ポイント獲得したか言えたら、生徒はALTまたは担任教師とじゃんけんをします。生徒が勝ったら、グループは得点を獲得します。グループが負けたらポイントは入りません。
  • また、じゃんけん結果のルールを変えることもできます。例えば、生徒がじゃんけんで負けたらグループはカードのポイントを獲得するだけ、しかし、生徒がじゃんけんで先生を負かせばグループは倍のカードのポイントを得るというように変えることもできます。

 

  


If you have an updated attachment, email it to the site: admin (at) epedia (dot) onmicrosoft (dot) com

 

Template Version: 2.0

 

This page was last modified on Wednesday, March 14, 2012 12:11:25 PM