Skip to main content

Home  ES  JHS  HS  Articles  Blogs  Forum  Links  NonTextbook  Volunteers  Warmups  Shoutbox  SUBMISSIONS   

Go: ES Topics

 

Juicy Sabotage

SUBMITTED BY: Anonymous

SUGGESTED TOPIC: Food

E-GO EDITED BY: Mooloo

BORROWED FROM / INSPIRED BY: Englipedia's Original Juice

DATE ADDED: Jun 11, 2008 

TRANSLATED BYJoyce P. Le

 

 

J-GO EDITED BYMasami Kobayashi

 

 Grade 1āGrade 2ăGrade 3ąGrade 4ćGrade 5ĉGrade 6ċ

  Small Classes (1-15 Students)ÒLarge Classes (16-39 Students)ÓHuge Classes (40+ Students)ÔHandicapped ClassesÖ

  SpeakingèListeningéReadingêWritingëCulturalð

15-30 min.

If you're going to give this activity

a low-rating, please post a useful

comment to help make it better.

SearchJHSActivity

BRIEF OUTLINE: Get the kids to create their own juice combinations in a race to serve it first.

 

MATERIALS NEEDED:

  • JuicySabotage attachment: One handout for each team. Each worksheet needs to be printed and cut up.
  • Flashcards: Used for reference

 

DETAILED EXPLANATION:

  1. Split the class into as equal teams as possible, with more teams if you have a bigger class.
  2. Draw BIG juice glasses on the chalkboard, one per team.
  3. Sit the students in a straight line in front of their fruit glass and put the worksheet pieces of paper in a pile at the end of each line of students furtherest from the big juice glasses drawn on the board.
  4. This game is similar to Broken Telephone. The student at the back of each line chooses a fruit and whispers it to the next student and so on. When it gets to the other end, that student runs to their juice glass and draws the fruit in. Having a variety of coloured chalk adds realism. The student that drew the fruit goes to the back of the line, chooses a new fruit and starts the whisper again.
  5. The object of the game is to be the first team to get ten different fruits in the glass.
  6. If a student draws a 'hamburger' card (sorry, not included in the handout) the 'drawing student' doesn't draw it in their own glass but rather another team's glass, hence the activity's name, Juicy Sabotage. A team cannot win by simply drawing ten fruits. For every hamburger in their glass, they need to remove it by going to the teacher and receiving a secret card (which will be an eraser) and sending the secret card down the line. The hamburger can then be safely erased.
  7. When a Juice glass has ten fruits, whomever drew the tenth fruit or erased the last hamburger, must rush back to the head of their team and announce: "Ready to Serve!"

 

VARIATIONS:

  • Seeing that this activity is meant to review target vocabulary the students should already know, try expanding their fruit vocabulary by introducing new fruits. I always find its fun to create my own flashcards with some fruits the students haven't seen before. Durian they thought were weird but dried bananas had them in fits.
  •  
    Make the game harder by allowing every hamburger sent down the line to not only be drawn in other team's glass BUT ALSO erasing a fruit.
  • If Japanese is heard /spoken, the team receives a 5-10 second penalty.

 

TEACHING SUGGESTIONS:

  • The students need to know the vocabulary for fruits relatively well. This game is more for review and reinforcement.

 

TIPS/CAUTIONS:

  • Have the ALT/HRT join the teams sporadically to ensure Japanese is not being used. They are far more likely to use English when the teachers are playing.
  • This is a game more for fun and reinforcement than for hard learning, but I do think sometimes you just gotta have fun, so be aware of how long you allow the game to go on.

 

概要: 独自の組み合わせでジュースを作り出して、早くそれをもてなす競争です。

 

必要な教材

  • チョーク
  • フラッシュカード

手順

  1. 私はElem ALT Teamによる「Original Juice」というのを読んで、このゲームを思い使った。私が生徒にして欲しいと思ったのは、動きのあるゲームとか競争をすることだった。このゲームをする前に果物について復習しておくことをお勧めする。
  2. クラスを出来るだけ等分に二つに分ける。人数が多ければチームを増やしてもいい。
  3. グループごとに黒板に大きいグラスを描いておく。
  4. グループの生徒は描いたグラスの前に一列に並んで座り、一番後ろに座った生徒からできるだけ遠くの後ろにワークシート用紙を積み重ねる。
  5. このゲームは伝言ゲームに似ている。列の一番後ろの生徒は果物のカードを取ってその名前を前の生徒にささやく。それを一番前まで続ける。一番前までいったらその生徒は黒板まで走っていって、聞いた果物の絵をグラスの中に描く。本物っぽく様々な色チョークで描く。書いた生徒は一番後ろへ廻って果物カードを選び、前の生徒にささやく。それを繰り返す。
  6. ゲームの目的はチームが速くグラスの中に10種類の果物を入れること。
  7. もし、生徒が「ハンバーガー」のカード(すみません、ハンバーガーのカードは添付ファールは含まれていない)を引いたら、自分のグループのグラスではなくて他のグループのグラスに描きこみます。つまりこのゲームの名前通り「ジュース妨害」というゲームですから、果物をただ10個を描けば勝つというわけではない。ハンバーガーを入れられたグループは先生の所に行ってSecret Cardをもらう。Secret Cardは「アイスクリーム」とか「クッキー」だ。これをささやいたら一番前の生徒がハンバーグを消すということになる。(その時グループのグラスにはアイスクリームを描かなくてもいい)。
  8. グラスに果物10種類がそろったら、第10の果物を描いたとき、または最後にハンバーグを消した生徒はグループの先頭に走り戻って“Ready to Serve”と大声で言う。

バリエーション

  • このアクティビティは果物に関する言葉の復習に適するので、それを更に広げていくつかの新しい単語を勉強してみましょう。生徒は今までに見たこともない果物を勉強すれば楽しさが増します。私の生徒はドリアンを変なものと思ったようですが、乾燥バナナは大丈夫でした。
  • ハンバーガーを他のチームのグラスに入れるばかりでなく、果物が消されるという条件にして各列に行き渡るように増やし、ゲームを難しくしてみましょう。例えば、ハンバーグが描かれる際に果物が一つを消えるということです。
  • 生徒が日本語を使った場合、グループは5から10秒ストップするというペナルティーを受けます。

教える際のアドバイス

  • 生徒は果物の単語をよく知っておく必要があります。このゲームは復習の為と更に習得を強固にするためのものです。

注意すること

  • 生徒が日本語を使わないようにALT/HRTはばらばらにグループを参加しましょう。
  • これは難しくて新しい単語を勉強するゲームではなく、ただ楽しむゲームです。気をつけなければならないのはどのくらい授業の時間を費やすかだけです。  

 


If you have an updated attachment, email it to the site: admin (at) epedia (dot) onmicrosoft (dot) com

 

Template Version: 2.0

 

This page was last modified on Tuesday, March 03, 2015 10:26:06 AM